六本木夜遊び体験談①【神楽Tokyo】 

ここでは私が実際にお店に行った体験談をご紹介していきたいと思います。
六本木,ショーパブ

今回行ったのは六本木にある「神楽Tokyo」。ショーパブを色々調べていた時にたまたま神楽Tokyoのキャストがやっているyoutubeのチャンネルを見て気になったので行ってみました(気になる方は検索してみてください)。
友人の都合がつかなかったので一人参戦です。

ショータイム

メインのショーは「和と洋が融合した豪華エンターテイメントショー」。1日3回披露されています。
特に花魁衣装のダンサーさんが優雅に舞う姿に目を奪われました。大型の機構を使った演出はないものの、花魁ダンサーさんの煌びやかな着物だったり和傘を使ったダンスなどは雅を感じられて外国の方にもウケそうだなと思いました。
メインショーの合間ではポールダンスも披露されました。間近で見るのが初めてだったので結構迫力ありましたね。女性の筋肉もいいなぁと初めて思いましたw

内装

江戸時代の遊郭をイメージしたという朱赤を基調にした店内。インテリアは黒いテーブルとゆったりとしたソファなどは洋風で、こちらも和と洋の融合という感じでした。ダンスをメインとしているショーパブというと内装も派手な感じが主流なのかと思うんですが、こちらは割と落ち着いた雰囲気に思えました。

客層

店内はほぼ満員。客層は7~8割が男性客でしたが、女性客数名の団体がいました。調べたら女子会プランもあるようで、2名~で120分飲み放題付き3,000円とかなりリーズナブルな価格設定。女性ダンサーのショーが中心ですが、「あの着物キレイ~」などの声も上がっていたし、客席に来たキャストの女性と写真をたくさん撮ったりして盛り上がっていて楽しんでいましたよ。

フード

神楽Tokyoでは日本全国の名産品を小鉢で提供していて、食事プランを予約すると3品選べます。今回チョイスしたのは「鮭キムチ」と「伊勢海老の塩辛」と「みやさき地頭鶏ももスモーク」。いずれもご飯が進む感じのメニューでした。なかなかここまでそろえているお店もないので嬉しいですね。釜焚きのご飯も美味しかったです。次に行く機会があったらまた別の小鉢をチョイスしたいと思います。

総括

今回行った神楽Tokyoですが、一人で行っても割と楽しめるお店でした。友人の目がなかったんでキャストさんと心置きなく喋ったり写真撮ったりできたのが良かったのかと。食事と飲み放題つきで5000円のプランはかなりお得に感じる内容でした。お気に入りのキャストさんができたんで、また今度は誰か誘って行こうと思います。

かかった料金:1人約 6,000円
(2時間飲み放題&ショーチャージ付きお食事(小鉢3品+ご飯セット)プラン)+チップ10枚
住所:〒106-0032 東京都港区六本木3丁目10−10 藤井ビル7階